Kunimori Motors Co., Ltd.
検索:
レーシングスクリーン

いよいよレーシングスクリーンを製作に取りかかります。

ノーマルスクリーンを取り外します。

一般的にはブルックランズのレーシングスクリーン仕様デスヨネぇ。

國森モータースはチョッと違う物を製作。

元はヒーレー100/4をS仕様にするためのレーシングスクリーン

これを取り付ける訳なんですが、当然車の形が違うので取り付け不可能。

シュリンカー&ストレッチャーで縮めたり伸ばしたりしてMG-Aのシェイプに合わせて曲げていきます。

ボディーにピッタリしたスクリーンマウントが完成。

100S用にカットされてるポリカボネートをMG-A用にリシェイプ

これが結構痺れる作業。カットするのも取り付けの穴開けるのも神経使います。

いやーカッコ良く出来ました。

当時のワークスには無いスタイルです。

私が考えるモディファイは特にそのままのレプリカより

色々なエッセンスやストーリー性があった方が

より個体の輝きが増すのではないかと思います。

見る人も、今まで見たことがない個体に魅了されるのではないのでしょうか?

bespoke

長い間、英国車メカニックをしてきました。

リストアもモディファイも沢山させて頂きました。

でも、ここまで拘ったモディファイのオーダーを頂いたのは初めてではないでしょうか。

何が?メッキワイヤーホイール、72本スポークじゃん。

って思えるほどフルポリッシュしてあります。

なんと!フルオーダーメードのアルミリムワイヤースポークホイールです。

ル・マンに出場したMG-Aワークスマシンと同じスペックで、イギリスのTURRINO WHEELSに製作してもらいました。

製作中の工房写真。

かなり長い時間を掛けてイン・アウトオフセットの打ち合わせ。当時ワークスマシンはどんなセットアップだったか。何号車(ワークスは数台ある)は何のホイールだったか等・・・

流石イギリス、その資料を持っている人がいてイロイロ教えてくれました。

スチールの15インチワイヤーホイールってかなり重いのですが、流石アルミリム。カナリ軽い!バネ下重量が相当軽くなりますねぇ。

さて、このホイールに使用するタイヤはもちろん!

CR65 500-L15

このセットアップだけでシビレマス。

さて、2021年もあと4日です。

國森モータースの営業は今日まで!

ですが、年末年始は工場の大掃除や廃油ストーブ作り、来年の作業の準備で作業場に籠っている予定。

ノスタルジックウィークエンド

11月28日は南箱根のバイカーズパラダイスで開催されたノスタルジックウィークエンドに出店してきました。

國森モータースブースにはヒーレークラブにご協力して頂きスプライトmk1が2台を展示。

そして、エンジンオーバーホールが終了した1932年MG-J2を展示、エンジン始動のパフォーマンスをさせて頂きました。

ちっちゃいサイドカーも展示。

クルマ&バイクイベントだった事もあり、意外と興味示す方が多かったかな。

マツダ767Bのエンジン始動パフォーマンスや会場内のデモラン!?もありナカナカ楽しい1日でしたね。

國森モータースブースにお越しのお客様、寒い中ご来場頂き本当にありがとうございました。

ガタとアソビ

最近、こんなメンテナンス問い合わせ事案がありました。

クラッチペダルの踏みしろが足りなくてクラッチが切りきれない。クラッチの切れるポイントが変わる。などなど

メンテナンス中のカニ目もペダルのガタが気になったので、ブレーキ&クラッチペダルとマスターシリンダープッシュロッドを繋いでいるクレビスピンを外してみると・・・

新品と見比べると恐ろしい程の異常摩耗。

ブレーキ&クラッチペダルの遊び調整が出来る車両はアソビの調整でゴマカシメンテしている場合も。

アソビ調整が出来ない車両は、謎の?クラッチ切れるポイントが凄く奥の状態。

この場合、クレビスピンとプッシュロッドを交換、ブレーキ&クラッチペダルを取り外しクレビスピン取り付け穴が広がっている場合がほとんど。取り付け穴を溶接修正をした方がよいでしょう。

滅多に点検、交換しない部品だけにキッチリメンテするとシャッキリ感が体感出来ると思います。

危険極まりない

朝イチにレスキューの電話頂き現地に行くと。ブレーキがロックして動かない!っというミジェット。

何とか動く様にして國森モータースへ

リアドラムを外してみると、交換したと言うブレーキシューがボロリ。

乗れなくて良かった。スンナリとブレーキロックが解除され、そのまま乗っていたらと思うと恐ろしい!

事故にならなくて良かった。

今回、弊社で初めてのメンテナンス。

もちろん新品のブレーキシューに交換。

ナント!今までドラムはナイロックで固定されていました。本来はプレーンナットとロックタブで固定。

ナイロックはナットの背が高くセンターロックワイヤーホイールに当たりホイールがチャンと締まらない可能性があります。

この度、國森モータースに入庫したのでノーマル状態に戻させて頂きました。

危険極まりないメンテナンス。

正解を知らないメカニックのメンテナンス。

事故にならなくて良かった。