Kunimori Motors Co., Ltd.
検索:
レーシングスクリーン

いよいよレーシングスクリーンを製作に取りかかります。

ノーマルスクリーンを取り外します。

一般的にはブルックランズのレーシングスクリーン仕様デスヨネぇ。

國森モータースはチョッと違う物を製作。

元はヒーレー100/4をS仕様にするためのレーシングスクリーン

これを取り付ける訳なんですが、当然車の形が違うので取り付け不可能。

シュリンカー&ストレッチャーで縮めたり伸ばしたりしてMG-Aのシェイプに合わせて曲げていきます。

ボディーにピッタリしたスクリーンマウントが完成。

100S用にカットされてるポリカボネートをMG-A用にリシェイプ

これが結構痺れる作業。カットするのも取り付けの穴開けるのも神経使います。

いやーカッコ良く出来ました。

当時のワークスには無いスタイルです。

私が考えるモディファイは特にそのままのレプリカより

色々なエッセンスやストーリー性があった方が

より個体の輝きが増すのではないかと思います。

見る人も、今まで見たことがない個体に魅了されるのではないのでしょうか?

廃油ストーブ完成

稼働確認できたので1度バラバラにしてペイント

追加で購入した電圧計と調光付きエジソンランプを取り付け。

エジソンランプはストーブにエアを供給するファンの電圧と連動して明るさが変化するようにしました。

100ボルトから12ボルトに変圧し遅延タイマーリレーとポンプに電気を供給しているんだけど

本当に12ボルトでてるの?って心配になったので電圧計取り付け。

メーターステー?は廃材のワイン&ワイングラスラックをばらしてビビッと溶接。

イメージ通り?のスチームパンクっぽくなってきたかな?

そして工場の壁に穴を開けて煙突を取り付け。

ちゃんと排気しないと危険ですからね!

まだ何か飾り付けたいけど、この辺で完成!