Kunimori Motors Co., Ltd.
検索:
ヘッドカウリング完成

ほぼ形になったヘッドカウリング

まだアルミ溶接部分をスムージングしていません。これからサンディングします。

削っては凹みを叩き出し、凹みを溶接して埋めたり。また削っての繰り返しで作業台はアルミの粉だらけに。

イイ感じに形になりました。さて、このヘッドカウリングは完全固定ではなく可動式。

走行中は車体に固定する必要があります。

ヘッドカウリングエンド部分をベルト取り付ける分チョップ。内側にベルト固定台座を溶接取り付け。

オーダーメイドしたベルトをインストール。

車体の色に合わせたベルト色がイイ感じですねぇ。

この後はヘッドカウリングを板金屋さんでボディカラーにペイントします。

Express

年末の作業が押している國森モータース。

急遽年始のイベント出場が決まったTR-2のメンテを超特急で開始。

エンジン掛けてギアをセレクト、クラッチミートしても前にも後ろにも動かない症状。

恐らく左右どちらかのハーフシャフトが折れたと思われますねぇ。

早速バックプレート、ハブベアリング、ハーフシャフトをセットで抜いて見ると

ハーフシャフトのデフ側、スプライン部分がバックリ?ボッキリ折れてます。

当然、折れたスプラインはデフの中(ドライバーで指している所)にあるので

押し出して磁石でピックアップ。

金属片が残っているのでキレイに内部洗浄します。

その後、ハブベアリングにグリース圧入し、オイルシールを新品にしてベアリングハウジングにセット。

新品のハーフシャフトをプレスで圧入

後はブレーキ周りを組み直し元に戻せば完成。

ふぅ~。

お待たせしました!