Kunimori Motors Co., Ltd.
検索:
detail

完成したMG-Aのディテールをアップしたいと思います。

MG-A Le Mans Specを製作する時、完璧なレプリカを製作しようとはしませんでした。

完璧なレプリカは既に存在していますし、そもそもツマラナイと思ったからです。

例えば、当時のメカニックやボディー製作スタッフにイタリア車バルケッタに憧れてる奴がいたら?どう作る?とか。

自分が1955年のル・マンに出場するMG-Aの製作を任されたら?とか。

何処にもないLBL301を製作しました。

ではディテールをご覧ください。

フロントグリルは格子を抜き、スポットランプを追加。

アイアンバンパーを取り外しセブリングタイプバランスパネルに交換。

ボンネットストラップはベンズレザーでオーダーメード製作

フロントスクリーンはノーマルを取り外しヒーレー100S用を加工して取り付け。

ワイヤーホイールはル・マンに出場したLBL 301と同じスペック。フルポリッシュアルミリム。英国のTurrino Wheelでオーダーメード製作。タイヤはDUNLOP CR65 500L-15をチョイス。

マフラーはサイド出しで製作。ヒーレー100S用を使用。さりげなく目立ち過ぎない様にしました。

4ポイントシートベルトはボディーカラーに合わせてオーダー。クラシックなレバータイプバックルをチョイス。

ヘッドカウリングは弊社にてアルミ叩き出し製作。ヘッドレストはレザーでオーダーメード。

ヘッドカウリングは可動式。固定する為のレザーベルトはボンネットストラップと同様、ベンズレザーでオーダーメード製作。

どうですか?ここまでは普通?のモディファイでしたかね。

まだまだ拘りのディテールはありますが、また次回。

ヘッドカウリング完成

ほぼ形になったヘッドカウリング

まだアルミ溶接部分をスムージングしていません。これからサンディングします。

削っては凹みを叩き出し、凹みを溶接して埋めたり。また削っての繰り返しで作業台はアルミの粉だらけに。

イイ感じに形になりました。さて、このヘッドカウリングは完全固定ではなく可動式。

走行中は車体に固定する必要があります。

ヘッドカウリングエンド部分をベルト取り付ける分チョップ。内側にベルト固定台座を溶接取り付け。

オーダーメイドしたベルトをインストール。

車体の色に合わせたベルト色がイイ感じですねぇ。

この後はヘッドカウリングを板金屋さんでボディカラーにペイントします。

レーシングスクリーン

いよいよレーシングスクリーンを製作に取りかかります。

ノーマルスクリーンを取り外します。

一般的にはブルックランズのレーシングスクリーン仕様デスヨネぇ。

國森モータースはチョッと違う物を製作。

元はヒーレー100/4をS仕様にするためのレーシングスクリーン

これを取り付ける訳なんですが、当然車の形が違うので取り付け不可能。

シュリンカー&ストレッチャーで縮めたり伸ばしたりしてMG-Aのシェイプに合わせて曲げていきます。

ボディーにピッタリしたスクリーンマウントが完成。

100S用にカットされてるポリカボネートをMG-A用にリシェイプ

これが結構痺れる作業。カットするのも取り付けの穴開けるのも神経使います。

いやーカッコ良く出来ました。

当時のワークスには無いスタイルです。

私が考えるモディファイは特にそのままのレプリカより

色々なエッセンスやストーリー性があった方が

より個体の輝きが増すのではないかと思います。

見る人も、今まで見たことがない個体に魅了されるのではないのでしょうか?