Kunimori Motors Co., Ltd.
検索:
危険な加工

クラッチトラブルで先日お預かりした948ccヒーレースプライト。

月末のイベントに乗りたい!っという事。

今までの経験では、部品が揃っていれば1.5日掛からないで終わるクラッチ交換作業。

しかし、何もないなんて事は無いのがクラシックカーメンテ。

メンテナンスのお見積を製作、オーナー様から作業進めて下さいとご連絡頂いたので早速エンジン降ろすと・・・

あれ?新しい?でもクラッチカバーにあるはずの物がない。

クラッチベアリングとクラッチカバーの部品が一体化!

うーん。恐らく最近ありがちなクラッチベアリングのカーボン部分が砕けて、カバーと一体化したのだろう。

っと思いましたが。

車をお預かりした時にオーナー様がクラッチが滑る。っと仰っていたのが引っ掛かってました。

この状態になるとクラッチスリーブシリンダーの移動量を越え、シリンダーピストンが飛び出しクラッチオイルが漏れてクラッチペダルスカスカ。クラッチ切れないっというのが通常。

クラッチスリーブは抜けてないのを確認。

なんとなくクラッチフォークを動かすとフォークのストローク位置がおかしい。

プッシュロッドを外してみると、延長加工されてました。

恐らくこの加工が原因でしょう。

クラッチの切れが悪い→切れを良くするためにロッド延長→クラッチ踏んでいなくてもクラッチ切れていてエンジン回転上げるとクラッチ滑り→ずーっとベアリングはクラッチカバーに当たっているのでベアリングは耐えられなくなりバラバラに。

最近、部品のクオリティーが下がったとはいえキチンとメンテナンスされていなかったら、どんな部品でも壊れてしまいますよねぇ。

エンジン降ろした時にしか出来ないエンジン清掃、エンジンリペイントもやっておきましょう!

La Festa Primavera 2022

ラフェスタミッレミリア、プリマベラは沢山のお客様をサポートしてきました。

國森モータースになってから初めてのイベントサポート。今回はJAGUAR XK-120、TRIUMPH TR-2、FIAT 1200SPIDERをサポート致します。

かといって事前準備が変わる訳ではありません。

考えられるトラブルに対応する為にパーツ、工具等積み込み。

スタート会場の熱田神宮。独特の雰囲気の中スタート時間を待つエントラントとクルマ達。

4日間のラリー、どんなドラマがあるか楽しみ?です?

ウッドシール

内燃機屋さんからクランク、ブロック等加工が終わって帰ってきたので組立開始。

このタイプのトライアンフエンジンはエンジンのオイルシールにウッドを使っています。

今でも新品のガスケットセットには木っ端が同封。知らない人は何コレ?ゴミ?って捨てちゃいそう。

しかもこのままでは使用出来ません。シールの形に削らなければなりません。

ゴミや埃を嫌うエンジン組立とは思えない作業でしょ?

ゴミ入らない様に工場の端に行って木っ端をカッターで削り、サンディングしてはエンジンに当てて形を製作。

エンジン組立のお楽しみと言えばバルブタイミング合わせ。

特にチューニングエンジンでもないのに合いマークで合わせりゃイイでしょ?

なんて声も聞こえて来そうてすが、ここがエンジンの肝。メカニックのお楽しみでしょう。

今回、タイミングチェーン、クランク、カムギアとテンショナーも新品に交換。

そこ迄神経質になりませんでしたが、再使用の場合は各部分がかなり減っているので注意が必要です。

バルブタイミング3回合わせてマニュアル通り。カムギアがスライドならチョッと遊びたかったのですが・・・

お楽しみも終わり!ペイントして完了。

パッと乗っけましょ。

さよならストロンバーグ

あっちを作業したり、こっち作業したり。

今日はオートチョークが壊れ、キャブセッティングがイマイチなストロンバーグキャブレターからSUキャブにコンバート。

MG-BのストロンバーグからSUのコンバートキットってあるんですがとても高価。

今回は中古のHS6を入手し弊社でO/H

キャブ本体はウェットブラストで綺麗にし、中身の部品も交換。

キレイになって気持ちいい!

早速車体に取り付け、リンケージ、ワイヤー周りの加工をしてエンジン始動。

1発始動、アイドリング安定。シングルSUで燃費も良いかもしれません。