Kunimori Motors Co., Ltd.
検索:
危険な加工

クラッチトラブルで先日お預かりした948ccヒーレースプライト。

月末のイベントに乗りたい!っという事。

今までの経験では、部品が揃っていれば1.5日掛からないで終わるクラッチ交換作業。

しかし、何もないなんて事は無いのがクラシックカーメンテ。

メンテナンスのお見積を製作、オーナー様から作業進めて下さいとご連絡頂いたので早速エンジン降ろすと・・・

あれ?新しい?でもクラッチカバーにあるはずの物がない。

クラッチベアリングとクラッチカバーの部品が一体化!

うーん。恐らく最近ありがちなクラッチベアリングのカーボン部分が砕けて、カバーと一体化したのだろう。

っと思いましたが。

車をお預かりした時にオーナー様がクラッチが滑る。っと仰っていたのが引っ掛かってました。

この状態になるとクラッチスリーブシリンダーの移動量を越え、シリンダーピストンが飛び出しクラッチオイルが漏れてクラッチペダルスカスカ。クラッチ切れないっというのが通常。

クラッチスリーブは抜けてないのを確認。

なんとなくクラッチフォークを動かすとフォークのストローク位置がおかしい。

プッシュロッドを外してみると、延長加工されてました。

恐らくこの加工が原因でしょう。

クラッチの切れが悪い→切れを良くするためにロッド延長→クラッチ踏んでいなくてもクラッチ切れていてエンジン回転上げるとクラッチ滑り→ずーっとベアリングはクラッチカバーに当たっているのでベアリングは耐えられなくなりバラバラに。

最近、部品のクオリティーが下がったとはいえキチンとメンテナンスされていなかったら、どんな部品でも壊れてしまいますよねぇ。

エンジン降ろした時にしか出来ないエンジン清掃、エンジンリペイントもやっておきましょう!

新品だよ?

E-TYPEのラジエーターホース、ヒーターホースの交換

イギリスからホース1台分新品で購入。

何故かヒーターホースの内径が合わず国産のホースで代用。

まーここ迄はいつもの事。

問題はこの後。

内径合わなかったホースを他の用途で使おうと思いホースを取り出した時

目の前にいた虫を追い払おうとホースで息をふっと吹いたら!

空気が抜けない?!

オカシイ?!何か詰まってる?

ライトで照すと何?ギッチリゴミが詰まってる!

マジ?新品だよ?

E-TYPEに使わなくて?使えなくて良かった。

使えてたら。何故かヒーターが効かないって事になってました。

恐ろしい。

ガタとアソビ

最近、こんなメンテナンス問い合わせ事案がありました。

クラッチペダルの踏みしろが足りなくてクラッチが切りきれない。クラッチの切れるポイントが変わる。などなど

メンテナンス中のカニ目もペダルのガタが気になったので、ブレーキ&クラッチペダルとマスターシリンダープッシュロッドを繋いでいるクレビスピンを外してみると・・・

新品と見比べると恐ろしい程の異常摩耗。

ブレーキ&クラッチペダルの遊び調整が出来る車両はアソビの調整でゴマカシメンテしている場合も。

アソビ調整が出来ない車両は、謎の?クラッチ切れるポイントが凄く奥の状態。

この場合、クレビスピンとプッシュロッドを交換、ブレーキ&クラッチペダルを取り外しクレビスピン取り付け穴が広がっている場合がほとんど。取り付け穴を溶接修正をした方がよいでしょう。

滅多に点検、交換しない部品だけにキッチリメンテするとシャッキリ感が体感出来ると思います。

アングルドライブ

JAGUAR E-TYPEメンテナンス

スピードメーターがふらふらしていたのがついに絶命。

原因はアングルドライブ

取り外してみると、かなり強引な修理してますねぇ。裏蓋にはコインを無理やり圧入!?

ミッション側のピックアップシャフトはぐじゃぐじゃ。

ドイツから新品が届いたのでパパっと交換しました。

秋?っぽい空

朝は気持ちよく晴れて、工場に行く途中の空は秋?

っと思ったら工場は雨が降ったり晴れたりの繰り返しトゥデイ。

イギリスからE-TYPEの部品が続々。

ステンレスのスポーツエキゾースト。カッコいいけどボルトオン出来ない感じ満載?

加工かぁ頭いたいなぁw

フロントショックも交換。

新しくなると気持ちいいよね!

カニ目はガソリンタンク取り付けボルト6本のうち2本が折れて無い!っと言うことで新たに溶接取り付け。

フューエルメーターとセンダユニットの同調がずれてるので調整。

なかなか難しいけど良いところ迄キタかな。

カニ目メンテナンスの最終段階!ロッカーアームtoバルブクリアランス調整。

だいぶクリアランス広くなってましたねぇ。

この後、排ガステスターでキャブレターの調整して車検整備終わりです!