Kunimori Motors Co., Ltd.
検索:
長い時を経て

半年前にお預かりしたロータスヨーロッパ。

5年位放置されていた個体なので、すっかり自分が車だったことを忘れていました。

足まりから水回り、電気まりと整備。最後に燃料系統を整備。

特にキャブレターは固着したりゴミが詰まっていたりとナカナカの状態。

洗浄後、ウエットブラストを掛けてピカピカ。

アールズのフィッティングはそのまま再使用しましたがメッシュホースはもちろん交換。

キャブを取り付け、ガソリンを入れると!

あっさり始動。ウェーバーの同調合わせて、水まわりのエア抜き。

もう少し作業あるけど、そろそろ車検にいけるかな。

さよならストロンバーグ

あっちを作業したり、こっち作業したり。

今日はオートチョークが壊れ、キャブセッティングがイマイチなストロンバーグキャブレターからSUキャブにコンバート。

MG-BのストロンバーグからSUのコンバートキットってあるんですがとても高価。

今回は中古のHS6を入手し弊社でO/H

キャブ本体はウェットブラストで綺麗にし、中身の部品も交換。

キレイになって気持ちいい!

早速車体に取り付け、リンケージ、ワイヤー周りの加工をしてエンジン始動。

1発始動、アイドリング安定。シングルSUで燃費も良いかもしれません。